FC2ブログ

ルサの楽屋裏。

とあるゲーマーの現実日記     ※リンクは必ずコメントにご一報を。

Entries

アタシ、傷つけやすいんです

企画書や原稿などで、ちょいちょいストレートな書き方を
しすぎるきらいがあると、会社で指摘された。
いわく、言ってることは間違ってないんだけど
それだと相手が不快感を……云々。

「人間、本当のことを指摘されると傷つくのよ」

まぁ、分かるんだけど、でも、納得いかない。
傷つくポイントなんて人それぞれだし、
そこを指摘されることで傷つく人もいれば
気を使われて逆に傷つく人だっている。
それは誰かと付き合っていく中で見つけて、
適切な対処法を覚えて、実践していけばいいと思うのよ。

そういうコミュニケーションをせずに
最初からあれこれ臭そうなものにフタしていくのってどうなんだろう。

そもそも、誰かに何か言われて傷ついて
その誰かに対して怒りだの向けるのはいかがなものか。

誰しも言われて傷つく言葉はあると思うけど、
傷つくのはそれが自分の弱点だったり
コンプレックスだったりするからで、
それは誰のせいでもなくて自分が弱いからじゃないの?
他人を責めて解決しますか?
それって弱者の権利を振りかざしてない?

(こういうのが行き過ぎると、ちび○ろサンボの出版差し止めとか、
 カ○ピスの商標変更とか、各種言葉狩りとかになっちゃうんじゃないかな)

みたいな話をしたら
「誰もあなたのように強くないのよ」と返された。
なんだろう……論で負けてないのに敗北感。

「私もしかして、人として大事な何かを身につけずに成長したんですかね?」
「誰だってそうよ。私は以前それでコーチングを…」
「何ですか? コーチングって」

説明聞く分には、ひと昔前に流行った自己啓発の親戚みたいな感じ。
結構いろんなところでセミナーやっているようなので
近所でないか調べてみる気になっている。

きっと私みたいな人間って詐欺にあいやすいんだろうなぁ。
スポンサーサイト



Comment

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

左サイドMenu

プロフィール

ルサルカ

Author:ルサルカ
FEZゲーマー。
アスガルド、ドラネス、TERAにもいたことが。

ツイッターID:rusa_luka

最近の記事

最近のコメント

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

FC2カウンター